ゲイ出会い応援サイト | Gay Together

ゲイ出会いのハッテン体験!ロッカールームでサカユニセックス!!

ワールドカップ熱いですね。
ゲイ同士の出会いサイトで見つけたトシも草サッカーチームに入っています。
今日は丁度試合だったので応援して来ました。

試合は惜しくも負けてしまって、トシはロッカールームで落胆していました。
「がんばったのにね」 と肩を撫でるとまだ汗でびっしょり熱をおびています。
サッカーユニフォーム姿のままのトシをみていると、なんだかドキドキしてしまいました。
今思うとオスの強烈な匂いにやられてしまったのでしょうね。。

トシを元気付けてあげようと、ユニフォーム越しに乳首を探り当てます。
「ここかな?」 慣れたもので直ぐにトシの乳首を探し出すことができました。
コリコリっと乳首責めすると息が荒くなってきたのでトシもスイッチが入ったようでした。
壁にもたれるように立たせて、サカユニを胸まで脱がせます。
もわっとオスの香りと蒸気にボクのペニスも反応してしまいます。

乳首は汗のしょっぱい味がしてさらに興奮します。
お互いに体を舐めあいました。
やわらかい布なのでトシも勃起してしまってテント状態でした。
汗だくのマラを右に左に泳がせてやります。
「んん。直に触ってくれよ・・」

パンツを脱がしキスをしながらしごいてあげると、先っちょからはほんのりぬるぬるしています。
「こっちも泣いてるね」 スピードを上げると顔をゆがめて快感を捕まえようとするとするトシ。
こんどはスピードをおとして大きくストローク。
イキそうになればピタッとストップ。
それを5セット位するとトシももうイキたくて苦しそうです。

「もうたまんねえ!!!!!」 トシは急に体勢を入れ替えてボクのケツマンめがけて突進してきました。
スポーツマンなので力ではかないません。
というかボク強引なセックス大好きなんですww

まだスパイクを着用したままなので、「カツカツカツ」「パンパンパン」って音がロッカールームに響いていました。
でもそんなこと考えられないくらいの激しいピストンと熱気に頭は朦朧としてたのを覚えています。
ただただトシのちんぽを受け入れていました。
自分本位な激しい責めのまま熱いパトスがボクの体内で放出されました。
いわゆる種付けってやつですね。

トシがゆっくりマラを抜きます。
するとボクのアナルからは信じられない量のザーメンが流れ出てきました。

戦の前後の武将のセックスは激しいといいますが、いつもより熱いトシを見ていると分かる気がします。
だからだいたいボクがセフレを選ぶのはスポーツマンが多いですね。
スポーツイベントがあると男って盛るんですよ。


 

関連記事