ゲイ出会い応援サイト | Gay Together

ゲイサイトでオネエ系マッチョに遭遇! その①

【ゲイ体験談 読者投稿】
川上茂樹さん(35歳) からの投稿です。

ゲイ出会い ガタイ専 オネェ

いつも愛用しているゲイ出会いサイトでちょっと変わったマッチョを発見。
マッチョなのに写メはギャルっぽい角度で撮ってるし、メール口調もオネェっぽい。
ちょっと面白いと思って会うことにした。

待ち合わせ場所に居ると、タッタッタッという足音。
「お待たせぇ~♪」と、もうあきらかにオネェ口調でやってくるマッチョ兄貴。
Tシャツ越しに隆起する胸筋とオネェ言葉が非常にマッチしていない。

マッチョオネェは俺の体をじっくり見て

「うーんイイねぇ。さっ行きましょ!」

とさっそくホテルに入った。
どうやら品定めに合格したらしい。

まずは、先にシャワーを浴びようと、二人でシャワールームに向かった。

二人で着ている服を脱がせあいながらお互いのモノを確認した。
服を脱いだだけなのにマッチョオネェのモノはすでにビンビン↑↑

俺のモノも徐々に勃起しはじめたが、彼のモノに比べるとそれほどでもなかった。
それが気に入らなかったのか

「舐めてあげるっ」

と言い出した。

まぁ、それも良いかと思いながらマッチョオネェにしゃぶらせてみた。
すると意外にフェラテクは上級者で俺のモノもすぐに固くなった。
その後、性感帯をチェックの為に俺はオネェの乳首、首筋、アナルを順番に舐めてみた。

するとどの箇所を舐めても

「あっ!・・・ぁあ、あんっ!」

と言った喘ぎ声を出す。
アナルが特に感じるようなので、思いっきり右足を上に挙げてアナルを
重点的に舐めまわすことにした。

「あぁ、あぁっ。もう、だめぇ。いれてぇ!」

と叫ぶマッチョオネェ。

こっちのモノもなかなかギンギン状態になっていてすぐに挿入出来る状態。
しかし俺はちょっと焦らしてみようと思い、そのままアナル舐めを続けてみた。

すると。。。

その②へ続く


 

関連記事