ゲイ出会い応援サイト | Gay Together

食われノンケの巨大マラ&濃厚ザーメン! その②

【ゲイ体験談 読者投稿】
ジョージ相川さん(28歳) からの投稿です。

ゲイ出会い 坊主イケメン

食われノンケの巨大マラ&濃厚ザーメン! その① からの続き
↓↓↓↓↓

「・・・いいっすよ、好きにしても」

気まずい空気になるかと思ったら、彼から突然の好きにしていいよ発言。
僕はその言葉を聞くやいなや、たまらず彼にキスをした。

彼は特に舌を絡めてくるわけでもなくされるがままだ。

でも僕のディープキスを受けているうちに、彼の股間の膨らみは次第に大きくなっていた。
ズボンを突き破りそうな勢いだったのでチャックを下げてみると、勢い良く飛び出すアレ。

太い!長い!ズル剥け!

デカくて長いマラは今までにも幾度となく見てきたが
ここまで綺麗なマラは初めてで、思わずナマ唾を飲み込む僕。

顔もそこそこイケメンで、アソコは一級品の巨マラ!
こりゃ女もゲイも放っておかないだろうという逸材である。

僕は早速そのデカマラを舌先でチロチロ舐めた。
ちょっとしょっぱかったが、下着をズラして先端から半分ぐらいまでを口の中に含んだ。
そして、可愛がるように、味わうように、ゆっくりと唾液をからませ口の中を出し入れした。 彼は横になったまま、身体を左右にくねらせ感じ始めている。

彼のマラは、真っ直ぐにデカくいきり立って、唾液でテカテカ。
ビクンビクンと脈打っている姿はとても勇ましい。
僕は更に口で愛撫を続けながら、更にアナルを指で刺激した。

「アッ!そこはちょっと・・・!!」

「いいからじっとして・・・」

そう言って僕は、右手でアナルを、左手で乳首を転がしながら、口では時々歯で亀頭周りを刺激しつつ首を振るようにして 上下運動してやる。もう彼のペニスはカッチカチ山のたぬきさんだ!

すると、両脚をピーンと突っ張ったかと思うと、腰を突き出して、

「ッッ!アァアーン!」

と、女のような色っぽい声をあげ、僕の口の中に熱いドロドロを撒き散らした。

僕は彼のザーメンを1滴も残さずに味わい、全て飲み干した。
しばらくオナニーさえしてなかったのだろうか。
彼の精子は濃くてのどに絡みつく感覚が何とも言えなかった。

たまには趣向を変えて、こういうノンケと犯るのも良いかも。
特別ノンケ募集なんて告知したわけじゃないけど、こういう事もあるもんだね。

ノンケに興味ある方はここで探して見るのも良いかも。

あっ、でも今回の彼は僕専用の彼にするつもりなので、今後サイトの利用は止めさせました(笑)


 

関連記事