ゲイ出会い応援サイト | Gay Together

乳首ピアスの淫乱な初老ゲイに、老け専のオレ歓喜!!

【ゲイ体験談 読者投稿】
空条ジョタロさん (27歳) からの投稿です。

高校くらいにやっと自分がゲイだと確信した俺。
もうすぐ目覚めてから10年になる。
そして俺は、ガッチガチの老け専だ。

俺クラスのフケ専になると、もはや60歳以上も性の対象になってくる。

だけど、この年代のゲイと出会うのに出会いサイトでは無理だと思っていた。
携帯やPCで出会いを探すのはある程度知識がいるもんだし、60歳以上のいわゆる初老のおじさんがそんなデジタルなハッテン場にいるとは思えなかったからだ。偏見かもしれないが、出会い系って若い奴しかいないんだろうなという決めつけ。

しかし、時々使っていたこのサイトで68歳の初老ゲイに出会えた。
これにはさすがの俺も目を疑ったね。

ざらついた肌、シミだらけの背中、白髪混じりの頭。
信頼を感じると共にどこかかわいらしい人だった。
とにかく乳首責められるのが好きらしく、この年で乳首にピアスをあけていた。
初老の癖にぴたっとしたシャツを着ているので乳首ピアスがバレバレだ。

「これはな、ワザと見せつけているんだよ(笑)」

とスケベな顔で笑う初老ゲイの笑顔がとても可愛くてドキっとした。

俺は優しく、シャツの上からピアスを指ではじいてやった。
意外となまめかしい声を出すゲイ爺。感度は良好の様子。

さらに乳首を猛烈に責め立てているうちに俺のペニスはもうバッキバキに勃起。
ふと見れば、歳に似合わず初老ゲイのペニスもカチンコチンに。

兜合わせでお互いの亀頭をカウパーまみれにした後、
満を持してゲイ爺のアナルにインサート!!
この年齢のアナルは雄穴の中がたるんで、それが亀頭に絡み付いてくる感覚がいい。

「あんたいいよ!いいマラだよ!!」

おじさんも久々の若いマラに喜びを感じているご様子
年上の親爺に褒められる事が、オケ専の俺の喜びだ。
更にヒートアップした俺はディープキスしながらますますガン掘り。

「んぐぁっ!」

ゲイ爺が叫ぶと同時に俺は射精。初老アナルの中にしっかり種付けしてしまった。 初老ゲイのケツマンから、ぶくぶくと泡を吹いてザーメンが流れだす。 爺はハァハァ息を荒げつつも、嬉しそうに俺にキスをしてくれた。

出会いサイトで初老ゲイに出会うのは難しいが、その分出会った時の高揚感が半端ない。
今回使ったゲイ出会いサイトはここだ。
ゲイの真面目な出会いを応援しているサイトだが、意外にもエロゲイが多い印象。


 

関連記事