ゲイ出会い応援サイト | Gay Together

大衆紙が【同性愛者200人の個人情報】を掲載?! こんなのアリエナイ…

こんにちは、管理人のケンスケです。

最近、世界の【反同性愛】についてのニュースばかりですが、
先日「反同性愛法」が成立してしまったウガンダから、またもこんなニュースが…。
あまりの衝撃で飲んでたコーヒーを噴きそうになりました。

 世界的にも極めて厳しい反同性愛法が成立したばかりのウガンダで25日、大衆紙が同性愛者とされる国民200人のリストを掲載した。ヨウェリ・カグタ・ムセベニ(Yoweri Kaguta Museveni)大統領は同法案への署名に際し、同性愛は「金目当ての売春行為」だと述べていた。

 タブロイド紙レッドペッパー(Red Pepper)には、「発覚!ウガンダの同性愛者トップ200」との見出しが躍り、同紙が同性愛者とみなす人々の写真に加え、それぞれが及んだとされる同性愛行為が生々しく記述されている。

 同国では2011年にも、別の新聞が同性愛者らの写真と名前、住所、さらに、「こいつらをつるし上げろ」という文言を加えた記事を一面に掲載し、同性愛者の人権活動家デービッド・カト(David Kato)氏が撲殺される事件が発生している。

(中略)

 米国式の福音主義キリスト教の信者が増加傾向にあるウガンダでは、同性愛嫌悪の風潮が広がっている。同国在住の同性愛者らは、嫌がらせや暴力行為の脅迫を頻繁に受けている。また、人権活動家らは、同性愛の女性に対する「(同性愛の)矯正目的」と称するレイプの事例も複数報告している。

【翻訳編集】AFPBB News

【引用元】タブロイド紙が「同性愛者リスト」掲載 http://news.livedoor.com/article/detail/8573872/

大衆紙っていうのはいわゆる雑誌ですよね。
日本で言えば「FLASH」とか「週刊女性」とかでしょうか。

そんな雑誌に「この人が同性愛者だ!」とかって色んな人の情報が載ってたら…
アリエナイですよね、ほんと…

雑誌にそんな記事が載る事も信じられないですし、過去にはそういった記事によって
人権活動家の方が殺されてもいただなんて。
なんか恐ろしい新興宗教のような、うすら寒さを感じてしまいます。

しかも、なんですか?
同性愛の女性に対する「(同性愛の)矯正目的」と称するレイプ??

もうメチャクチャ…。

ウガンダのムセベニ大統領は「同性愛者はどうかしてる」なんて言ってましたけど、
そういう間違った思い込みで国民を扇動して、とんでもない暴挙に促す方が
よっぽど「どうかしてる」んじゃないかなと個人的には思うのです。

とにかく、ウガンダで罪のない同性愛者たちの血が流れない事を切に願います。

管理人:ケンスケ


 

関連記事