ゲイ出会い応援サイト | Gay Together

個室居酒屋で、俺専用の性処理ペットとホロ酔いクチマン!!

【ゲイ体験談 読者投稿】
YOSHITAKAさん(35歳) からの投稿です。

ちょっといつもと違うセックスがしたいな~とムラムラしてたので
このサイトで知り合った性処理ペット(オス:24歳)を呼び出す事にした。

素直な性格の弟タイプで、顔はお笑い芸人のパンサー向に似ている。
ちなみに彼と食べに行く時は完全個室の居酒屋と決めている。
掘りコタツであれば尚良い。

なぜなら・・・触れるから!!

メシで腹も膨れ、美味い酒が回りだすと、性欲ムラムラっ!!
とりあえずペットをテーブルの下に潜り込ませて、
既に隆々に肥大化した丸出しの下半身をしゃぶらせる。
フォォォォ!!やっぱり個室って最高!!

そして持ってこさせたローターを自らの尻穴に突っ込むよう命じる。
ちなみにローターはリモコンで遠隔操作可能なタイプ。
Mっ気満点のド変態ペットは喜んでアヌスにローターをイン。

スイッチを入れると、微かだがペットの尻からヴィィィ~ンと
ローターの駆動音が聞こえる。

片方の手でペットの頭をつかんで上下させながら
もう片方の手でスイッチを入れたり切ったりして楽しんでいると

「うっ、ふぐ、あう…うぐぐぐぐ…」

とうめき声をあげる性処理ペット。

「おい、あんま声あげんな。周りに聞かれるだろ」

こういうシチュエーションでの行為はリスクを伴うが、
俺もペットもこのドキドキ感が結構好きだったりするからダメな2人だ。

ローターの振動を「強」にすると
それに応えるようにペットの舌使いも勢いを増してくる。。

ジュポジュポジュボボボボボボ………

スケベな音が個室の中に反響する。
俺はたまらなくなり、ペットの頭を両手で鷲づかみにすると
そのまま腰をピストンさせた。
いわゆるクチマンFUCKってやつだ。

ズチョッ!ブチョッ!グチョッ!ズチョッ!ズチョッ!!

更にスケベな音が響き渡り、唾液まみれのペットの口からは
ますますうめき声のような喘ぎが漏れてくる。
俺は根元まで勢いよく口まんこの中にピストンし続けると
そのまま一気に発射した!!

1週間溜め続けたザー汁をドクドクと流し込んだが
ペットはツルっと飲み干すと、「うん、今日も美味しい」と一言。
エロ系サイトで出会ったとはいえ、本当にスケベだなこいつは。

ペットの股間を見るとジーンズ越しでもわかるほどに勃起していたので
俺たちはそのまま店を後にしてホテルに向かう事にした。


 

関連記事