ゲイ出会い応援サイト | Gay Together

ゲイ同士の出会いが、昔に比べて簡単になってきている件

管理人のケンスケです。

このサイトは色々な方からの出会いエピソードとか、ちょっとエッチな体験談とか載せてるんですけど、そういう 『出会い』 って実際どうやって手に入れるの?って質問をもらったりします。

たしかに、ゲイの出会い事情ってやつはノンケの人と同じってわけにはいきませんよね。

ヨーロッパ周辺だとか、先進的な価値観が広く国民に共有されている国でならまだしも、
ここ日本は(昔に比べるとマシにはなったものの)古臭い因習が今も色濃く残る地です。

それに、日本特有の恥じらい、というよりは世間体?
なんだかわかりませんけど、人前での体面を気にする文化が深く根付いているのも原因の一つかもしれません。

とにかく

『僕はゲイだ!ゲイの人一緒に楽しもうよ』

って大きな声で言えないのが普通なんですよね。

そういう事情もあるので、ゲイの出会いは自然と人目を避けるような時間や場所で生まれてきました。夜の盛り場の片隅に佇む一角のゲイバーやクラブとかでって事ですね。

しかも以前は、ネット環境もよろしくない時代・・・。
情報が口コミで広まる感じだったんで、出会いに関する情報そのものが少なかったんです。

たとえ数少ない情報を元にゲイバーなどの場所に行ったとしても、そこにはすでにコミュニティが出来上がってたり、すでにカップルが出来上がっていたりして、出会いのきっかけはあってもそこからカップルになるというのは正直な話、非常に低確率な事という閉鎖的な雰囲気があったように思います。

でも、ある理由で、そんな悲観的状況は打破されつつあります。
それはネットが普及して、情報が簡単に得やすくなったという事。

インターネットの世界では、匿名での発言が簡単です。
つまり、人に知られず、でも積極的に情報を集める事が出来るようになったということです。
しかもネット上は、同じ趣味や志向を持つ人間同士が物理的距離や活動時間を超えて結びつきやすいですよね。夜しか活動出来ない人、地方に住んでる人、そんな人同士が手軽に情報交換出来るようになりました。

今では、検索すると膨大な数のゲイ情報にアクセスできますし、
ゲイを公言する芸能人が日々テレビやネット番組に出るようになったりして、
以前に比べると凄く頻繁にゲイ情報を目にする事が増えたなぁと思います。

まだ 『ゲイ』 という言葉が社会的に完全に認知されているとは言えないですけど、
以前よりは受け入れられる土壌も出来てきたんじゃないでしょうか。

こうしたこともあって、現在ではネットを媒体にして、様々な出会いが生まれています。
出会い系サイト、SNS、twitterなどのツールも利用されていますよね。

そしてそういったネット通信環境が活発になった事によって、リアルな場、つまり、ゲイバーなどの
ゲイ専用の社交場などもオープンリーになってきたりと良い相乗効果が生まれています。
昔は知る人ぞ知るといった暗い雰囲気だった場所も、驚くほどに盛況だったりしますね。

つまり今は、以前とは比較にならない程、ゲイの出会い事情が改善されたというわけです。


「じゃあ!僕達の出会いの場も広がったんだ!!」

確かにそういえます。
でも、ただ待っているだけじゃ昔も今も何も変わりません。
結局は自らが積極的に動く事が大事だと思います。

ゲイバーに行ってみる、ハッテン場を覗いてみる、出会いサイトに登録してみる。
なんでもいいんです、とにかく第一歩を踏み出す勇気が大事なんですよね。

とはいえ最初は怖いと思いますので、次回の記事から少しずつ
『ゲイの出会い』 という事について書いてみようと思います。

管理人:ケンスケ

【管理人お薦めサイト】 積極的に出会いの第一歩を踏み出してみたいという貴方には
無料登録で使えるこんな出会いサイトがオススメです♪


 

関連記事