ゲイ出会い応援サイト | Gay Together

マイ・プライベート・アイダホは、何回見ても胸がキュンとする。

管理人ケンスケが独断と偏見で紹介するおすすめレビュー。

今回は映画 『マイ・プライベート・アイダホ』 です。
少し古い映画ですけど、皆さん一度はご覧になった事ありますでしょうか。

故リバー・フェニックスがゲイ(男娼)役で主演。
ダブル主演はプライベートでのゲイ疑惑が絶えないキアヌ・リーブス。
このキャスティングだけでも見る価値アリですよね。

ストーリーを簡単に説明すると・・・

マイク(リバー・フェニックス)は筋金入りのストリート・キッズ。
父親を知らず12歳のとき母親にも捨てられた彼は、故郷のアイダホを離れポートランドに移り住み、街角に立って中年男に体を売るという男娼を生業としていた。

緊張すると睡眠発作を起こし昏睡状態に陥るというナルコレプシー病という奇病を患うマイク、そんな彼を傍で心配そうに見守る売春仲間のスコット(キアヌ・リーブス)は、彼と正反対の生い立ちの美少年。
ポートランド市長の父を持ち何不自由なく育ったが、3年前に家を飛び出して男娼をしている。

スコットは奇病を持つマイクの面倒をみながら、男娼たちの取りまとめ役とし父親のように慕われているボブたちと刹那的な日々の生活を送る。

ある日スコットは、父親が病魔に冒されていることを知り、「父の遺産を受け継ぎ、21歳の誕生日を境に表社会に戻る」という事を秘かに誓う。
その一方で、マイクは自分を捨てた母親探しをする事を決意し、親友のスコットと共にバイクで故郷のアイダホに向かう。。。

前半~中盤まではこのようなストーリー展開。

親友でもあるスコットに想いを寄せるマイク。
そんなマイクの想いを「恋愛対象は女性だから」と拒絶するスコット。

切ない・・・とっても切ない男同士の愛情と友情。

そして物語後半、親の遺産を受け継ぎ表社会に出るスコットと、
これまでと同じようにストリートで生活するマイクとの対比が残酷なまでに描かれる。

美人の恋人と、裕福な生活を送るスコット。
スコットに振られ、父親代わりのボブにも先立たれ、一人ぼっちのマイク。

なんだか胸を掻き毟られるような感情が止まりませんでした。

物語のクライマックス。
マイクは一人でもう一度アイダホへ歩を進めます。
それはたった一人の孤独な旅・・・。

やっぱりどうしてもマイクの方に感情移入してしまいます。
もしかして自分もこのまま恋人も出来ず、一人で先の見えない道を進むしかないのか・・・?
そんな風に感じて、ギュっと胸が締め付けられました。

ラスト、道端で発作が起こり昏睡状態のマイクが、通りがかりの車で拾われるシーン。
そこにやっと僅かな「救いのようなもの」を感じます。

ゲイとノンケの恋。
富裕層と貧困層の格差。
家族とは?そして愛情とは?

若き日のリバー・フェニックスとキアヌ・リーブスの美しさに見とれつつ、
少し重く、わりと現実的なテーマを感じながらゆっくり見て欲しい作品です。


 

関連記事