ゲイ出会い応援サイト | Gay Together

LGBT難民を巡る世界各国の受け入れ対策

LGBTパレード

現在おもに欧米を中心に問題が深刻化している難民問題。
この問題が浮上するたび、同時に出てくる問題がLGBT難民に対する配慮です。

特にここ最近続いているシリアなどの地域からの難民には、元の国がLGBTに対して寛容ではないために酷い差別を受け、仕方なく難民になったLGBTの人たちが多いのです。
そういった難民の中でも特に迫害やトラブルが多いとされているLGBTの難民に対して、近年は世界各国が手を差し伸べています。

ゲイであることを隠しながら生きてきたシリア難民のジュールさん。 シリアでは同性愛が違法とされ、最高刑で懲役3年に処せられます。LGBTの中には亡命を果たした人もいますが、多くの人は難民シェルターで、他の難民たちの目に怯えながら生活をしています。 しかしジュールさんは、アムステルダムでゲイ専用のシェルターに入ることができました。ゲイ・プライドに参加した彼は、「新しい”ジュール”になれた」と語ります。
出典:www.huffingtonpost.jp

このようにあまりに差別と迫害を多い母国に比べて、海外に難民として移住したLGBTの多くは幸せな生活を送りやすくなっているようです。
最近はカナダやイギリス、アメリカといった国も優先してLGBTの難民を受け入れているそうですから嬉しいものです。

ただ性に対する価値観が違うというだけで不当な批難や差別を受けやすいLGBTは、より多くの国がストレートの人々よりも優先して助けていかねばならないのかもしれません。


 

関連記事