ゲイ出会い応援サイト | Gay Together

なぜガリはゲイではモテないのか?


出会いサイトやGoogle先生の画像検索などでゲイの人を探していると、見るのはなぜか筋肉ムキムキなマッチョとかオラオラ系(体育会系)の体型の人ばかりです。
そのほかデブの人や中高年の方だって多く見かけるのに、ガリ体型の人はちっとも見かけません。

ゲイ市場でガリの人は需要がないのでしょうか? だとしたら、なぜなのでしょうか?

今日はそれを探ってみました。すると、ゲイに求められる要素というのも自然と見えてきました。

ゲイでは「顔」は二の次


普通の恋愛(異性愛)では、第一印象は「顔」で決まってしまいますよね。女性の視点で見た場合、女性は物をデザイン第一で選びたがるように物事を外見で判断するんですね。もちろんこれは人間の選別においても同じことがいえます。
だからブスの人よりもイケメンの人がモテるわけなんです。

しかし、男同士になると話は別になってきます。
男性は物を買うときにどういう基準で選ぶか思い浮かべてみてください。確かにデザインも選択肢の一つかもしれませんが、それよりも実用性とか耐久性、コスト面を重視する傾向にありますよね。

これを男相手で置き換えてみましょう。
男性は顔、つまり「デザイン」ではその人の印象をあまり決めたがりません。
ではどこで印象を決めるかというと、中身の「実用性」などの部分に当たる性格だったり、スキルだったり、知識量だったりで決めるわけです。
一個事例をあげますと、就職面接で女性ってあんまり見ませんよね。人事課の人って男性が圧倒的に多いですよね。面接で求められるのは知識量やスキルなどなので、外見で印象を決めやすい女性ではなく、上記の知識量やスキルなどの分析に長けた男性の方が適しているのです。

では、ゲイの世界ではどうでしょうか?
ゲイの世界では、最重要視されるのは「体型」です。

男性が求めるのは「出力の強さ」


で、その体型の問題がどういう点で絡むかというと「出力の強さ」に結びついてきます。言い換えれば「パワー」「持続性」という要素になってきます。
で、その出力の強さは筋肉の量によって強い弱いが決まります。その出力が強ければ強いほど、ゲイの世界では「しっかり」という印象になります。だから、マッチョな人ってゲイでは好まれるのです。

一方で、ガリの人は必然的に筋肉の量は少ないですよね。筋肉が少ない分、その分出力は落ちます。持久力も伸びませんし外見的にもひ弱な印象を与えてしまい、そこが大きなマイナスポイントとなってしまっているのです。いくらモテ顔だったとしても、ひょろひょろなボディでは男ウケはしないのです。

これを掃除機で例えてみましょう。吸引力が落ちないダイソンの掃除機と、極限までモーターを小型化した安物の掃除機を比べて見ましょう。最終的にコスト面や使用目的とかで後者を選ぶ人もいるとは思いますが、それでも魅力を感じるのはダイソンのほうですよね。
モーターを小さくすればその分パワーも耐久性も持続性も落ちます。対してダイソンの掃除機はモーターが大きい分、パワーも耐久性も高く評価されています。
ゲイにおいてガッチリしたマッチョが好まれやすいのはこれに似てますよね。

モテたいなら身体を鍛えよ!


掃除機は買ってしまったら、買い換える以外はもう出力を元に戻すのは難しいです。
でも、人間の場合はまだ今からでも挽回は充分可能です。

今までのことを踏まえて、男にモテたいガリの人が何をすれば良いかというと、単純に筋肉を付ければいいだけなんです。

ガリの人は筋肉が足りない。ならば筋肉を「増築」してあげれば出力だって耐久性だって見た目だって改善できます。
少食の人ならまずはモリモリ食べることから。それから、スポーツジムなどへ行って少しづつ身体を鍛えていきましょう。 過度な期待は禁物ですが、ちょっとした時短手段としてプロテインの摂取もアリでしょう。
これらを継続してやっていくことで、ガチムチな身体が作られていくのです。

ガリ体型の諸君!ガリだからといって今から諦めてはそこでゲイ歴終了です!


 

関連記事