ゲイ出会い応援サイト | Gay Together

暴力的でエログロで正義!覚悟のススメは男の漫画!

管理人ケンスケが独断と偏見で紹介するお薦めレビューコーナー。

今回ご紹介したいのは、1994年~1996年に週刊少年チャンピオンで連載していた
【覚悟のススメ】(作者:山口貴由)です。

少年漫画誌の良識を覆す世界観!!


仮面ライダーのような特撮ヒーロー的世界観が尋常じゃない!
ちょっぴり右曲がりな軍国主義テイストが隠し味!
SMや同性愛などのマニアックなエロ性愛描写も堂々と描写!
内臓ぶちまけまくりの、血みどろスプラッター趣味がエグい!
過剰な暴力!過剰な正義!そして過剰なエロス!!

そんなこんなが、もうぐっちゃぐちゃに入り乱れるこの作品。
(良い意味で)超エログロ青春群像ヒーロー活劇なのであります。

こんなハードな作品が少年誌で連載していたというのも凄い話・・・、
さすが週刊少年チャンピオン。秋田書店様のチャレンジ精神万歳ですね。

エッジ効き過ぎの台詞やデザインが秀逸すぎる!!

『ジョジョの奇妙な冒険』なども台詞回しの独特さをネタにされたりしますが、
この『覚悟のススメ』も独特さやエッジの効き具合なら全然負けていません。

「当方に迎撃の用意あり!」
「覚悟完了!」
「雑草という名の草はない!」
「なんだか知らんが、とにかくよし!」

まだまだ書ききれませんが、とにかく名言・至言の宝庫です。
台詞一つ一つが演劇調でカッコつけていて、それがまた男心をくすぐって仕方ありませんね。

そんな台詞回しが独特な熱量を持っている事もさることながら、
山口先生が描く個性豊かなキャラ・アイテムのデザインもまた秀逸。
強化外骨格(主人公や敵が着装する意思を持った鎧のような兵器)のデザインや、
敵として登場するミュータント・戦術鬼の芸術性あふれるデザインは一見の価値ありです。

↓ 主人公が戦いの際に身に纏う「強化外骨格”零”」

兄弟愛・宿命・戦いの裏側に隠された重厚なストーリー!

核汚染され荒廃した近未来を舞台に、非業な宿命を背負った兄弟が戦う・・・
ストーリー設定だけ見ればまるで 「北斗の拳」 ですが、読むと全然違う事がわかります。

北斗の拳よりも熱く、北斗の拳よりもエログロい!!

まぁエログロいという点に関しては、北斗にその要素がない(グロはあるけど)ので当然ですが
熱さの面においても、全盛期の週刊少年ジャンプ看板作品を上回っているのです。

下ネタが多めで絵もグロいという事もあり、正直万人受けする作品ではありませんので、
我こそはと「覚悟」を決められる方のみに「おススメ」です。

うん、まさに【覚悟のススメ】ですね(笑)

主人公・葉隠覚悟と、その兄・葉隠散とのラブシーン (?) は、
そんじょそこらのBL漫画や腐女子マンガなんてぶっとばす、真の男愛に満ち溢れています。


 

関連記事