ゲイ出会い応援サイト | Gay Together

女装が趣味の大学生ゲイとホテルで・・・

女装子 出会い

ゲイ出会いサイトで知り合った大学生が女装にハマっていて、
「女装してエッチしたい」 ってメールで誘ってきた。

もともと線の細い体付で、比較的女っぽかったのに、
白いワンピにガチ化粧してウイッグすると完璧に女だった。

正直、ここまで本気な女装で来るとは思っていなくて驚いた。
そんな驚く俺に気分をよくした彼(?)は、
「今から私を好きにしていいんですよ」 なんて子悪魔みたいに俺の耳元で言ってくる。

普段はオトコしか愛せない俺も、その時はなんだかムラムラしてその男の娘の唇を奪った・・・

タップリ時間をかけてキスをして抱き合っていると、ワンピースの下に似つかわしくない異物を感じた。
ガチガチに固くなってるそいつの雄マラ♂

「お前、やっぱエロいよ」

俺がそう言うと、「うん」 ってマジで照れながら頷いた。
もうね・・・なんていうの・・・ホント可愛く感じて・・・

すると、「お尻で・・・する?」
と覗き込むように小声で聞いてきたんで、俺は頷いた。

するとそいつは、「じゃ、ちょっと・・・準備するね」 と言って
風呂場の方へ向かっていった。

しばらくテレビを見ながら待っていると、
「お待たせ」 とそう言ってタオルをまいただけの格好で出てきたそいつ。
色白な細い肌に俺はすごい興奮してしまって、ベッドに押し倒し、タオルを剥ぎ取った。

勃起したペニスをフェラすると 「ッんん」 と声を漏らした。

玉や竿、先端を形や味を堪能するようにフェラしてると、
「イク、イキそう・・・」 そう言うと突然俺の口の中にびゅびゅっと精子を放出した。
俺はそれをすべて口で受けゴクッと飲み込んだ。

俺はそいつをそのまま後ろを向かせ、バックからケツマンコに挿入。

「んあ!大きい!!」

喘ぎ声を耳に挟みつつ、俺はケツマンコをズンズン突いた。

ベッドの脇の壁がミラー状になっていた。
そこに映るのは、細い体を押さえつけるようにセックスする俺自身。
まるで美女と野獣のセックスみたいですごい興奮した。

俺は結局4発、女装子に発射してきた。
もう二人クタクタになるまでセックスしまくり。

今日またそいつからメールが来たんだが、もう少しエロい衣装が手に入ったとかで・・・

どうやら、今夜も眠れそうにないらしい。


 

関連記事